NBAチアリーダーの年収は?美女だらけの厳しい世界とは?

NBA オールスター チアリーダー

NBAという華々しい世界で共にチームやファンを盛り上げているチアリーダー。

チアリーダーの本場のアメリカでは、とても人気な職業でアメリカのメジャースポーツ「NBA、NFL」のチアリーダーになりたいと目指す女性は多くいます。

チアリーダーはダンスショー以外にも所属したチームの為に地域貢献活動を行うなどファンとより近い距離で話ができ、小さな子供たちが憧れる女性となっています。

 

そこで今回はチアリーダーの仕事内容、年収はいくらなのかについて話したいと思います。

NBAチアリーダーとは?何をしているのか?

NBA チアリーダー 仕事 

チアリーダーはアクロバディックなダンスやかけ声で選手を応援する事や会場を盛り上げる事が主な仕事なのですが、アメリカではチアリーディングもスポーツの一つと考えられています。

なのでチームワークやパフォーマンスの美しさや姿勢の良さ笑顔なども重要なります。

 

チアリーダーの仕事内容は、主に2試合とイベントの2つに分けています。

 

①ホームでの試合パフォーマンス

チアリーダーのメインの仕事であるダンスは、主にハーフタイムではなくタイムアウト時に行われています。またそれ以外にも試合開始の1~2時間前から来場客のお出迎えを行い、写真を撮ったりしています。

さらにハーフタイムに行われるスポンサーのイベントに参加したり、個室席の来場者に挨拶に行ったりと試合中も仕事が多いです。

コート最前列の席にいる観客にはキャンディやチョコを配りながら会話をするなど観客とチームの距離感を縮めています。

 

②イベントなど地域貢献活動へ参加

試合以外でも、街のイベントや病院の慰問に参加するなど地域貢献活動に参加します。

クラブ経営という視点で考えた場合、地域に密着してチームを盛り上げていく事がとても大切になるので、チアリーダーの活動の中で最も大切な仕事と言えると思います。

 

そもそも日本とアメリカでは、「チアリーダー」への認識が異なり、アメリカではチアリーダーのステータスは髙く評価されています。

その為、アメリカでは女性のロールモデルとして確立されていて、尊重されています。

※ロールモデルとは?
具体的な行動や考え方の模範となる人、あなたのようになりたいと人に憧れる人ような人をさす

 

またその他に週2,3回程度ダンスの練習があります。基本的に1シーズンで同じダンスはしないとされているので振付を覚えるのがとても大変です。

さらにはそれだけでは練習量が足りないので、チームが提携しているダンススタジオでの自主練を行う必要があります。

 

その為、非常にやるべき事が多くチアリーダーはとても大変な仕事だと思います。

 

 

 

チアリーダーの収入は?

チアリーダー メリット NBA

とても忙しいチアリーダーの仕事ですが収入はどれくらいかというと「年収:1万ドル(110万円)」と言われています。

この金額はチアリーダーの中でもトップクラスの人がもらっている額になります。

 

基本的にチアリーダーとして収入が発生するのは、以下の4つとされています。

  1. 試合での応援(3時間分程度)
  2. ダンス練習
  3. イベントへの参加
  4. 来場者との写真撮影

 

 

給与形態も「時給/日給」が一般的。

時給に関しては1h = 1000~1500円と非常に安く、チアリーダーの仕事だけをしている人はほとんどいません。その為、日中はフルタイムで働いている人が多く、むしろ面接の際に職業な聞かれたりするそうです。

 

さらには試合会場までの交通費、宿泊日などの支給もないので基本的にはホームアリーナの近辺に住む事が義務付けられます。

また衣装代・ポンポン代など設備費として自己負担しているようでこれは給料天引きされているようです。

 

 

 

チアリーダーのメリット/デメリット

NBA チアリーダー メリット

給料面、待遇などこれほど過酷な状況下でもチアリーダーがしたいと思えるにはは何があるのでしょうか? 

チアリーダーのメリット

① かわいいユニフォームが着られる

ユニフォームに憧れてチアリーダーを目指している人も多いですよね。チアリーダーになればさまざまなチームのユニフォームを着ることができます。

 

② ファンから憧れられる女性になれる

チアをしているとファンがかけ声をかけてくれるので、ファンとの一体感が感じられるのも魅力の一つです。

 

 ③ 試合を間近で観戦できる

プロの試合を間近で観戦できるのもチアリーダーの特権です。

 

④ 女優やミスコンへの近道になる

チアリーダーは、華やかな上にテレビ中継も多いので女優デビューやミスコン出場への近道になります。

 

メリットとしては弱い気もしますが、そもそもチアリーダーは憧れてなる職業なので給料、待遇関係なくやってみたいと思う気持ちが強いのだと思います。副業としてやっているイメージなのかもしれません。

 

 

チアリーダーのデメリット

NBA チアリーダーチアリーダーへのみ禁止されている事があります。それは「所属チームの選手との接触禁止」です。接触というのは物理的な意味ではなく、挨拶などもしてはいけないとされているようです。

選手とチアリーダーはお似合いだと思いますが、それを善しとすると選手との結婚目当てで来る人が増えるから禁止しているのだと思います。

NBA選手は億万長者の集合体なので近づきたい女子も大勢いるのだと思われます。

 

 

 

まとめ

本場アメリカのチアリーダーでも現状は中々厳しいようです。それだけでご飯が食べれるほど収入がある人はほぼいない。

ですがそれでもチアリーダーになりたいと本気で思える情熱のある人がなれる職業ではあると思います。今後はNBAを見る際にチアリーダーの踊りなどもしっかりと見て楽しみたいと思います。

 

NBA選手の美人妻、彼女ランキング!1位は意外過ぎるあの選手の彼女?

NBAチアリーダーの年収は?美女だらけの厳しい世界とは?

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA