レブロン2世「ザイオン・ウィリアムソン」NBAドラフト2019参加表明!!八村塁の最強ライバルを紹介

出典:CLUTHPOINTS

ザイオン・ウィリアムソンを知っていますか?

現在、全世界中の大学生の中でNBAドラフト1位最有力の選手と言われています。

 

名前を知っている人は少ないかもしれませんね。しかし、日本でもニュースで取り上げられた「ナイキのバッシュが壊れたアメリカの大学生」と言ったらわかる人もいるかもしれません。

バッシュのソールが剥がれ足首を捻った人が「ザイオン・ウィリアムソン」でした。

あの事件でもし万が一、選手生命を絶つような怪我をしていたらナイキへのバッシングは酷かったと思います。それほどNBA選手になる前から注目されている選手です。

 

今回は「ザイオン・ウィリアムソン」の何が凄いのかをプロフィールを交えご紹介します。

ザイオン・ウィリアムソンのプロフィール

ザイオン・ウィリアムソン プロフィール
出典:USA TODAY.com
名前 ザイオン・ラティーフ・ウィリアムソン
国籍 アメリカ
生年月日 2000年7月6日(18歳)
身長 201cm
体重 129kg
ポジション SF/PF
大学 デューク大

身長は201cmとポジション的には普通のサイズだが、筋肉に覆われた体が異常で、体脂肪10%前後で体重129kgはNBAの中でもトップクラス。

まだ大学1年生(18歳)にも関わらずこの体格と言うのが信じられません。

 

ある物理学者が「ザイオンのチャージングは時速16kmのジープと正面衝突するのと同じ程の力を生み出している」と言っていたらしいです。

試合中など解説が「空飛ぶマックトラック」などと表現される事もあるようです。

 

プレーの特徴、魅力とは?

ザイオン・ウィリアムソンの特徴を3つご紹介します。

身体能力の高さ

当たり負けしない体の強さはもちろん、跳躍力、パワーがずば抜けています。

跳躍力を生かし、スラムダンクの赤城の必殺技「ハエ叩き」のような勢いのあるブロックをします。

またダンクシュートも魅力的で同じ2m級の相手選手の上からダンクを押し込むなど驚異的なジャンプ力を持っています。

またNCAAトーナメント敗退直後、遊び感覚で試合をしていた際にウィリアムソンがダンクをしてボードが壊れた事件がありました。それだけパワーが人並外れているという事でしょう。

 

ポイントガード並みのハンドリング、視野の広さ

パワーだけではなく、自身でボールをフロントコートまで運び点を決めて来れる力を持っています。

また試合中の視野の広さも魅力で味方へ絶妙なパスでアシストもできます。

彼が レブロン2世と呼ばれているのは、このようにオールラウンダーな選手だからだと思います。 

 

3点シュート率向上が必須

そんな最強選手ですが、シュートが少し苦手です。

パワー、ハンドリングはNBAトップレベルなのですが、3点シュートの確率がやや低いです。

大学時代で低いとNBAではよりプレッシャーが激しいのでシュート率は落ちると想定できます。

現代のバスケでは、SF/PFの3点シュートは必須条件となるので4割前後まで確率を上げたいところですね。

いや、むしろ3点シュートが4割入るとなると誰も止める事ができないかもしれないですね。  

 

 

史上3人目の快挙!「ネイスミス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」受賞

大学1年生での受賞は史上3人目の快挙で、過去受賞した選手は「ケビン・ヂュラント」、「アンソニー・デイビス」の2人。2人ともNBAの中でもそれぞれのポジションでTOP3に入る実力者。

しかし、チームはベスト8で敗退しての受賞となり、同世代の中でも実力が飛び抜けているのがわかる。

またその他にも「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」など大学1年生にして賞レースを総なめしている。  

 

 

ウィリアムソンはどのメーカーとスポンサーを結ぶのか?

現在、大学がNIKEと契約しているのでNIKEを着用しているが、個人契約となった際にどこを選択するのだろうか?

ナイキが最も確率が高いとは思うが、バッシュ破壊のあったメーカーと言うのもあり、他社を選ぶ可能性も十分にあると思います。

また近年では、ステファン・カリーが「アンダーアーマー」と契約するなど、ナイキ以外と契約を結ぶ選手も出てきています。

そんな中、若手筆頭のウィリアムソンが他社を選ぶとすると、他社のバッシュ人気も出ると思います。

 

 

まとめ

今季のドラフトは八村塁のNBA入りはほぼ確実ですがどのチームに入るのか注目です。

できればプレーオフは狙えるチームに入る事を願っています。

 

ザイオン・ウィリアムソンはおそらく指名順3位までには選ばれると思われるので、プレーオフ進出チームから選ばれる事はほぼないと思います。

 

NBAドラフトの仕組みを分かりやすく解説!日本とドラフト制度は違うのか?

NBAドラフト1位選手の活躍は?直近10年でスーパースターになった選手は?

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA