NBAマスコット一覧!【イースト編】見た目、特徴を全て公開!!

色々なプロスポーツチームにはマスコットがいます。

日本にも野球、サッカーなどファンに親しまれるマスコットもいればファン、選手と乱闘騒ぎを起こすようなマスコットもいて、意外と個性豊かなマスコットが多いです。

日本の場合は、スポーツ以外にもご当地キャラクター(くまモンなど)が豊富で、マスコットがより身近に感じている人も多いのではないでしょうか?

NBAの各チームにも個性的なマスコットが多く、日本では問題になりそうなマスコットが大勢います。

 

そこで今回はどんな見た目なのか、各マスコットの特徴をご紹介したいと思います。

マスコットはイースト全チームにいるのか?

イーストカンフェレンスに所属する15チームの内、14チームにはマスコットが存在します。

「ニューヨーク・ニックス」にはいませんでした。

マスコットは何年か毎にリニューアルされ見た目は若干変化があります。

中には同じマスコットか目を疑いたくなるような変化をしたマスコットもいました。

 

各チームのマスコット紹介

各チームのマスコットの見た目、特徴などご紹介したいと思います。

アトランタ・ホークス

ハリー・ザ・ホーク

f:id:TeruTeruBozu:20190410214656j:plain
名前の通り「鷹」がモチーフのマスコット。

頭が大きいが体はスリムで、目が鋭いのでいつも不機嫌そうに見える。

過去には股を強打しプレーオフのアウェイ試合に帯同しないなど間抜けな一面も。

 

 

インディアナ・ペイサーズ

ブーマー

f:id:TeruTeruBozu:20190410205809j:plainネコ科の動物がモチーフなマスコット。

運動神経抜群で社交性もよくファン、選手との自撮り写真などもアップしています。

また本拠地インディアナポリスで行われた試合でトランポリンを使ってダンクシュートを披露し観客を盛り上げようとしたが、勢い余ってバスケットボードを破壊するなどドジな一面もあります。

 

 

オーランド・マジック

スタッフ・ザ・マジックドラゴン

f:id:TeruTeruBozu:20190410212821j:plain
名前にもあるようにドラゴンがモチーフのマスコット。

2015-16シーズンには「マスコット・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど激しいパフォーマンスで観客を魅了しています。

 

 

クリーブランド・キャバリアーズ

ムーン・ドッグ

f:id:TeruTeruBozu:20190410220200j:plain
名前の通り「犬」がモチーフのマスコット。

他のマスコットと比較すると影が薄い印象があり、なぜか左右の眉毛の色が異なります。

理由を調べてみましたがわかりませんでした。

 

 

シカゴ・ブルズ

ベニー・ザ・ブル

f:id:TeruTeruBozu:20190410220135j:plain名前の通り「牛」がモチーフのマスコット。

2014-15シーズンには「マスコット・オブ・ザ・イヤー」に選出されています。

とても人気なマスコットだがポップコーンを観客へバラまいたり、彼女を連れ去ったりと少々やりすぎな面もある。

 

 

シャーロット・ホーネッツ

スーパー・ヒューゴ

f:id:TeruTeruBozu:20190410212843j:plain
蜂がモチーフのマスコット。

個人的に見た目はディズニーキャラクターに出てきそうな感じです。

足がタイツのみなので少し生々しさがあり、かわいいのか、不気味なのかよくわからないです。

 

 

デトロイト・ピストンズ

フーパー

f:id:TeruTeruBozu:20190410211235j:plain
チーム名のピストンのような馬力あるチームという事で馬がモチーフのマスコット。

元々は競走馬になるように訓練されていたなど、架空の設定もあるようです。

 

 

トロント・ラプターズ

ザ・ラプター

f:id:TeruTeruBozu:20190410205646j:plain恐竜がモチーフのマスコット。

以前、子供達の前でアクロバットを披露し着地に失敗しアキレス腱を負傷するなどドジな一面がある。

また昔はやや形態が異なり、その際はチアリーダーを食べるなどやりたい放題。

食べたというよりは誘拐になるのではと思います。

 

 

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

フランクリン

f:id:TeruTeruBozu:20190410205722j:plain
見た目が過激なものが多い中でかわいらしいマスコット。

名前のフランクリンは、フィラデルフィアに所縁のある「ベンジャミン・フランクリン」からつけられたと言われています。

 

 

ブルックリン・ネッツ

ブルックリン・ナイト

f:id:TeruTeruBozu:20190410220948j:plain
ネッツが本拠地をブルックリンに移した当初にいた騎士をモチーフにしたマスコット。

見てわかるように不評だったようですぐに姿を消したようです。

そして現在はマスコットはいません。

 

 

ボストン・セルティックス

ラッキー・ザ・レプリカーン

f:id:TeruTeruBozu:20190410210741j:plain
マスコットというかもはや人。

セルティックスと言えばロゴのおじさんですがあれは「レプラコーン」というアイルランドの妖精です。

それをマスコットにすれば良かったのに・・・と個人的には思います。

 

 

マイアミ・ヒート

バーニー

f:id:TeruTeruBozu:20190410205853j:plain
鳥?がモチーフのマスコット。

他のマスコットと比較しても体が大きく身長は2m30cmあり、体重は200キロを超えているようです。

またハーフタイムにはダンスを披露したり、マスコットを横に寝かせ飛び越えようとして失敗したりとテンション高めなマスコットです。

 

 

ミルウォーキー・バックス

バンゴ

f:id:TeruTeruBozu:20190410212800j:plain
バックスのトレードマークである「シカ」をモチーフになっているマスコット。

マスコットとかわいらしく言うには、少々生々しい格好に思えます。

ですがこのシャープなスタイルだからこそアクロバットなプレーを見せ観客を楽しませてくれています。

服の下はシックスパックでした。

 

 

ワシントン・ウィザーズ

G・ウィズ

f:id:TeruTeruBozu:20190410214727j:plain動物ではなく、魔法使いがモチーフです。

とてもお調子者で人にキスしたり、ピンクのパンツ姿を披露するなどしています。

www.youtube.com

 

 

まとめ

今回はイースト編をご紹介しましたが、各チームそれぞれの個性があるマスコットばかりです。

しかし、セルティックスは別にマスコットを作ってもと思います。

以前にウエストカンファレンスのチームをご紹介しているのでこちらも合わせてご覧ください。

NBAマスコット一覧【ウエスト編】見た目、特徴を全て公開!!

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA