レブロンジェームスのプレーオフ進出は消滅?来季は優勝候補?

f:id:TeruTeruBozu:20190326010752j:plain

2019年3月、レイカーズのプレーオフへの期待は消滅。同時にレブロン・ジェームスがNBA入りした2004-05年シーズン以来初めてプレーオフに参加する事がないという事を意味します。

彼のバスケット人生において、大げさに言えば挫折ともいえる状況ですが、彼の会見がかっこよすぎたのでご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

レブロン・ジェームスがプレーオフ進出を逃すのは9年振り

f:id:TeruTeruBozu:20190329012900j:plain

ヒート、キャバリアーズとこれまで8年連続でNBAファイナルへ進出していた。その為、レブロンがプレーオフに進出できないなんて夢にも思わなかった。むしろ、今季レイカーズに移籍した際には、レイカーズで9年連続のファイナル進出を夢見ていた。

これまでの実績を考えても彼自身、プレーオフ進出が無くなりモチベーションが下がる事も心配されていました。なぜなら昨年までキャバリアーズで3年連続ファイナルへ進出しチームの中心選手として活躍。しかし、2018年ウォリアーズに完敗し新天地を求めてレイカーズに移籍したにも関わらず、プレーオフにも参加できないなんてシーズン当初は思いもしなかったと思います。

 

 

 

 

レブロンジェームスはメンタルが超一流

f:id:TeruTeruBozu:20190329013222j:plain

しかし、彼はその後も現状できる最大限のパフォーマンスを発揮し、チームを勝利に導いている。彼のバスケットに対する情熱、努力レベルがいまだ高い事を結果で示しています。

レブロン・ジェームスはその後の会見で『私達はプレーオフに参加できない事を知っているが、私は常に自分のプレーをするつもりだ。そして常に勝つためにプレーしている』とコメントしている。

またレイカーズのルークウォルトン監督は『レブロンはここ何年もの間、NBAの顔であった。彼はそれを認識しており、私は彼がその責任を非常に真剣に受け止めていると思う。』とレブロンが背負っていた物の偉大さを称えていた。

 

さすがはNBA史上最強と呼ばれる選手。NBAのトップ選手の中には、プレー中の態度、素行が悪い選手も少なくないです。しかし、レブロンは試合中など激しいファールなどにあっても感情を出さず、常に冷静に入れるメンタルの強さがあります。プレーだけでなく、姿勢で見せてくれるかっこよすぎるスター選手です。

 

 

 

 

来季は優勝候補?

f:id:TeruTeruBozu:20190329013457j:plain

今のレイカーズは若手中心選手で、実力、経験値共にまだまだなチームです。そこにベテラン選手であるレブロンが加入し、若手との融合を期待したが中々うまくいかないようです。これまで圧倒的にゲームをコントロールしてきたレブロンももう34歳。これまでのように得点、アシスト、ゲームメイクなど色々求めるのは酷です。ましてや、プレーオフのような短期決戦ならまだしも、1年を通して活躍し続けるのは厳しいのではないかと思います。

しかし、現段階で来季レイカーズ加入が噂されているあの選手の加入が現実化すれば、来季優勝候補にもなりえます。

 

 

カワイ・レナード(トロントラプターズ)

f:id:TeruTeruBozu:20190329013623j:plain

今季、スパーズからラプターズへ移籍。開幕から大活躍しイーストカンファレンスで2位に付け、好調を維持している。

しかし、今季終了後にフリーエージェント(FA)になる事が出来る為、移籍が噂されている。地元がLAという事からもレイカーズへ移籍の可能性はある。彼はオフェンス、ディフェンス両方に定評があり、玄人好みのプレーが魅力。見た目、プレーに華やかさはないが、チームに与える影響は絶大です。

 

実際に移籍が実現すれば、レブロン・ジェームスの大きな支えとなり優勝候補と言えるほどの戦力になるのではないかと個人的にワクワクしています。

 

 

 

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA